0143-84-1517

営業時間10:00~17:30

「一般媒介と専任媒介の仲介手数料はいくら?不動産会社に支払う際の注意点もあわせて解説!」

2023年09月06日

「一般媒介と専任媒介の仲介手数料はいくら?不動産会社に支払う際の注意点もあわせて解説!」

不動産会社との媒介契約を検討している方の中には、「一般媒介と専任媒介で仲介手数料に違いはあるのか?」といった疑問を抱いている方も多いです。

 

せっかく高値で不動産を売却できても仲介手数料が高いと手元に残るお金が少なくなってしまうので、少しでも安く抑えたいと考えるのは当然でしょう。

 

では、不動産会社に仲介を依頼した場合、どのくらい仲介手数料を支払う必要があるのでしょうか?

 

それを知るためには、まず「そもそも一般媒介と専任媒介がどのような契約形態なのか」や「仲介手数料を支払う際の注意点」を把握しておくことが必要です。

これらを把握しておくことで、実際に仲介手数料を請求された際にその金額が適正価格なのかを見極めることができます。

 

この記事では「一般媒介と専任媒介の仲介手数料」について、「それぞれの契約媒介の概要」、「仲介手数料を支払う際の注意点」も含めて詳しく解説していきますので、ぜひ参考にして下さい。

 

なお、弊社は登別市や室蘭市を中心にした不動産会社です。登別市や室蘭市周辺で不動産売却にお困りなら、弊社にご相談ください。

そもそも一般媒介と専任媒介の違いとは?

不動産を売却する際に締結する「媒介契約」には、一般媒介と専任媒介を含む、以下の3種類の契約があります。

 

・一般媒介

・専任媒介

・専属専任媒介

 

ここでは、それぞれの契約方法の概要について解説していくので、どの契約内容が自身に合っているのかを見極める際の参考にしてみてください。

一般媒介

一般媒介とは、「売主(依頼者)が複数の不動産会社(仲介業者)に依頼できる媒介契約」のことです。

 

売主であるあなたはA社・B社・C社といった風に複数社の不動産会社と同時に媒介契約を結ぶことができ、仮に自身で買主を見つけた場合は直接取引を行うこともできます。

 

つまり、他の媒介契約よりも自由に物件の売買を行える媒介契約と言えるでしょう。

 

ちなみに、一般媒介契約のメリットは、あなたに有利な条件で不動産を売却できる可能性がある点です。

 

複数の不動産会社と媒介契約を締結することで、好条件で買い取ってくれる方を見つけやすくなるため、あなたの希望する条件での売却が期待できます。

専任媒介

専任媒介とは、「売主(依頼者)が1社の不動産会社のみと契約を締結し、自身で見つけた買主と不動産の売買取引ができる媒介契約」のことです。

 

一般媒介とは異なり、1社の不動産会社としか契約を締結することはできません。

 

ただし、あなた自身で売主を見つけた場合は自由に不動産の売却を行うことができます。

 

ちなみに、専任媒介契約のメリットは、依頼する不動産会社が1社になることで連絡を取り合う窓口を1つに絞ることができる点です。

 

連絡を取り合う窓口を1つに絞ることで、購入希望者の内覧日の調整などに手間や時間が取られにくくなるため、手間を減らしたいと考える方におすすめの契約媒介です。

専属専任媒介

専属専任媒介とは、「1社の不動産会社のみと契約を締結し、全てその依頼した業者を介して売買取引をする媒介契約」のことです。

 

例えば、A社と専属専任媒介で契約した場合、仮にあなた自身で買主を見つけても、取引をする際は必ず契約した会社を通さなければなりません。

 

仮に契約を締結した不動産会社に無断で直接取引をしてしまうと、多額の違約金を支払わなくてはならない危険性があるため注意が必要です。

 

専属専任媒介を選ぶ際は事前に内容をよく理解したうえで、契約を締結するようにしてください。

不動産売買における仲介手数料とは?

不動産業界における仲介手数料とは、「建物や土地など(不動産)の売却が成立した際に依頼した仲介会社(不動産会社)に支払う対価」のことです。

 

売却活動中に行う購入検討者探しや内見の立会い、情報サイトへの掲載など、様々な営業活動の対価となっており、売買が成立した際に成功報酬として支払うお金になります。

 

ポイントは不動産売買の仲介手数料は依頼した不動産の売却が完了しなければ支払いが発生しない点です。

 

そのため、「売却活動が長引くと不動産会社にお金を払い続けなければならないのでは?」などの不安を抱く必要はありません。

仲介手数料の計算方法

仲介手数料は「宅地建物取引業法(第46条)」[MOU1] により上限が定められているため、基本的に法外な費用を請求されることはありません。

 

仮に請求されたとしても、支払う必要は全くないので安心して下さい。

 

なお、具体的な仲介手数料の上限は、以下の表をご覧ください。

 

不動産の売却価格

仲介手数料の上限

200万円以下の部分

売却価格×5.5%

200万円超〜400万円以下の部分

売却価格×4.4%

400万円超の部分

売却価格×3.3%

出展:国土交通省

 

売却価格が決まった際に、上記の価格に応じて定められたパーセンテージをかけることで、あなたが支払う仲介手数料を把握することができます。

 

実際に不動産会社に仲介手数料を支払う際に、法外な金額を請求されていないか気になる方は、上記を参考に計算しておくと良いでしょう。

不動産会社に仲介手数料を支払うタイミング

前項でも解説した通り、仲介手数料は契約した不動産会社に支払う成功報酬となるため、実際にこの費用を払うタイミングは「不動産の売買契約が成立した後」になります。

 

つまり、基本的に媒介契約時に支払う必要はありません。

 

仮に媒介契約時に請求された場合は、応じないようにして下さい。

不動産売却時にかかる仲介手数料は値引きしてもらえる?

不動産会社に売却活動の依頼を検討している方の中には、「仲介手数料は値引きしてもらえる?」と考える方も少なくありません。

できるだけ費用負担を減らしたいのは、当然だと言えます。

 

では、仲介手数料は値引きしてもらえるのでしょうか?

 

不動産会社への交渉が成立すれば、仲介手数料を値引きしてもらえる可能性は十分にあります。

 

しかし、基本的に値引き交渉するのはあまりおすすめしません。

 

仲介手数料は不動産会社が得られる利益であるため、値引きを行うことで他の物件より優先順位を下げられたり、きちんと売却活動を行ってもらえかったりする危険性があるためです。

 

このため、スムーズに売却を完了したいと考えている方は、安易に仲介手数料の値引きをせずに法律で定められた金額を支払うようにしましょう。

不動産売却の仲介手数料を支払う際の3つの注意点

不動産売却の仲介手数料を支払う際は、以下の3点に注意するようにしてください。

 

・悪質な不動産会社に騙されないようにする

・契約形態の特徴を理解したうえで契約する

・仲介手数料が無料と謳っている業者に注意する

 

それぞれについて、詳しく解説していきます。

悪質な不動産会社に騙されないようにする

媒介契約を締結する不動産会社を選ぶ際は、信用できる業者なのか見極めることが重要になります。

 

不動産会社の中には法律で定められている仲介手数料の上限を超えた金額を請求したり、専属専任媒介を結ばせて売主を囲い込んだりする悪質な業者も存在するためです。

 

このため、媒介契約を検討する際は、実際に話してみて信用できる会社なのかを見極めてから契約するようにしてください。

契約形態の特徴を理解したうえで契約する

不動産会社に売買の仲介を依頼する際は、契約形態の特徴をよく理解しておくことが必要です。

 

ここまで解説した通り、一言に媒介契約と言っても一般媒介や専任媒介といった契約形態によって内容が異なるため、事前にそれぞれの特徴を理解しておかないと「思っていたような売却活動ができない」などと不満を抱く事態に陥るかもしれません。

 

そのため、不動産会社に依頼する際は、事前にそれぞれの契約形態の内容について担当者に確認してみてください。

 

それぞれの契約形態の概要について理解できるまで丁寧に教えてくれる業者であれば、信用に値する会社である可能性が高いです。

 

なお、登別市や室蘭市の方は、弊社にご相談ください。

弊社なら理解されるまで丁寧にご説明するのはもちろん、お客様のためにならないご提案はしませんので安心してお任せいただくことができます。

仲介手数料が無料と謳っている業者に注意する

不動産業者の中には仲介手数料無料を謳っている業者も存在しますが、こういった会社に依頼する際は事前になぜ無料なのかを確認するようにしてください。

 

こういった業者の中には、他の項目で手数料分のお金を請求する業社もいるため、予想外に高額な費用を支払わなければならないという事態に陥る危険性があります。

 

そのため、安易に「仲介手数料が無料と謳っている業者」に依頼せずに、無料としている理由やその他にどのようなお金がかかるのかをしっかり把握するようにしましょう

まとめ

不動産会社に売却の仲介を依頼する場合、3種類の契約形態のいずれかを契約し、売却が成立した際に締結した業者に仲介手数料を支払う必要があります。

 

しかし、不動産会社の中には法律で定められている仲介手数料の上限を超過する金額を請求する業者も存在するため、依頼を検討する際はしっかりと信用できる会社なのかを見極めことが重要です。

 

そのため、今回は「不動産売却時の媒介契約にかかる仲介手数料」について、それぞれの契約形態の概要や注意点も交えて詳しく解説しました。

 

不動産会社に売却の仲介の依頼を検討している方は、本記事を参考に「どの契約形態で締結するか」や「正規の価格が設定された仲介手数料なのか」を見極めるようにしてください。

 

なお、建物や土地などの売却を行いたいと考えている方は、ぜひ弊社までご相談ください。

弊社は室蘭市や登別市の様々な不動産売却に携わってきた豊富な実績があるうえに、あなたの希望に合った契約形態がどれなのかを見極めてから要望に合った方法で売却活動を行うため、安心してお任せいただくことができます。

ハウスメイトネットワーク登別室蘭店
北海道登別市栄町4丁目14番地4 milight++
0143-84-1517 


お客様の声を聴かせて下さい。

ページの先頭へ