0143-84-1517

営業時間10:00~17:30

不動産査定の費用はどれくらい?不動産鑑定士と不動産会社、どちらに依頼するべき?

2022年10月18日

不動産査定の費用はどれくらい?不動産鑑定士と不動産会社、どちらに依頼するべき?

不動産の査定を依頼する場合、「不動産鑑定士」もしくは「不動産会社」にお願いをするのが一般的です。両者の違いを把握すると、不動産査定に費用がいくらかかるのか、自然に答えが導き出されるでしょう。

 

○不動産鑑定士への不動産査定の依頼

○不動産会社への不動産査定の依頼

 

上記それぞについて、費用やメリット、依頼が想定されるケースの違いについて解説します。

不動産鑑定士と不動産会社の違い

○不動産鑑定士

○不動産会社

 

不動産査定における主な依頼方法には、以上2つが挙げられます。これら2つの違いはズバリ、「有料or無料」です。不動産鑑定士に査定を依頼すれば有料、不動産会社に依頼すれば無料になります。

不動産鑑定士への不動産査定の依頼

不動産鑑定士は、有料で不動産査定をしてくれます。

 

○費用

○メリット・想定されるケース

 

以上にポイントを絞って、不動産鑑定士への依頼について解説しましょう。

費用

不動産鑑定士の査定費用は、「基本鑑定報酬額表」として国がその基準を定めています。基本鑑定報酬額表の一部を、以下に紹介しましょう。

 

1,000万円

161,000

1,0001,500万円

174,000

1,5002,000万円

181,000

 

上記はあくまで、鑑定報酬額の「基準」となる費用です。借地権の有無や土地権利者の人数など複雑な要件が絡めば、さらに費用は上昇します。つまり、不動産鑑定士への依頼費用は、数十万円単位になるのです。

メリット・想定されるケース

高額な依頼費用を払ってまで不動産鑑定士に依頼するメリットは、国家資格を有する専門家に、該当する不動産の適正な価値を算出してもらえることです。しかし、一般的な不動産売却において、そこまで厳密に査定(鑑定)をしてもらう必要性は、ほぼないでしょう。

 

相続税や贈与税の申告・遺産分割・不動産関連の裁判など、公的な書類が必要な場合において依頼するのが、一般的に想定されるケースです。不動産鑑定士の協力が必要な方は、各都道府県の不動産鑑定士協会にお問い合わせください。

不動産会社への不動産査定の依頼

不動産会社は、無料で不動産査定をしてくれます。

 

○無料で不動産査定をしてくれる理由

○メリット・想定されるケース

 

以上にポイントを絞って、不動産会社への依頼について解説しましょう。

不動産会社が無料で不動産査定をしてくれる理由

不動産会社が無料で不動産査定をしてくれ理由。それは、「顧客の取り込み」です。不動産会社は不動産売買取引により、「仲介手数料」を得ることで成立する職種。仲介手数料を得るためには、不動産を売りたいと考える顧客を、できるだけ取り込まなければなりません。

 

査定そのもので利益を上げるのではなく、査定をきっかけに契約まで持ち込むことを目的としているとも言えるでしょう。つまり、不動産会社は営業活動の一環として、無料で査定をしてくれるのです。

メリット・想定されるケース

不動産会社に査定を依頼するメリットは、言うまでもなく費用がかからないことです。裁判などで不動産査定の公的証明をする必要があるといったケース以外は、不動産会社に査定を依頼すれば十分でしょう。

不動産会社に査定を依頼する際の注意点

不動産会社に査定を依頼する際には、複数の会社に依頼すると適正価格を把握しやすくなります。

 

○高い金額での売却が得意

○早期売却が得意

 

たとえば以上のような具合に、不動産会社にはそれぞれ得意分野があります。複数の会社に査定を依頼すると、信頼できる不動産会社の選定にもつながるはずです。「なるべく早く売りたい」という気持ちを抑えて、複数社に依頼し結果を比較するようおすすめします。

 

もう1点。不動産の査定は、地域の不動産事情に精通している不動産会社に依頼するのがベストです。登別・室蘭エリアで不動産売却を検討されている方は、ぜひ当社にご相談ください。

ハウスメイトネットワーク登別室蘭店 

お客様の声を聴かせて下さい。

ページの先頭へ