0143-84-1517

営業時間10:00~17:30

住宅ローンの事前審査とは?日数・必要書類・落ちた方の共通点などを解説

2024年02月15日

住宅ローンの事前審査とは?日数・必要書類・落ちた方の共通点などを解説

住宅ローンを組む際には、第一段階として金融機関による事前審査を受けなければなりません。住宅ローンの事前審査と本審査の違い、日数や必要書類、事前審査で落ちた方の共通点などを紹介しましょう。

住宅ローンの事前審査とは?

住宅ローンは、「事前審査→本審査」の2段階方式となるのが一般的です。事前審査を通過しなければ、本審査を受けられません。

事前審査と本審査の違い

事前審査と本審査の違いを、以下にまとめます。

 

 

審査内容

日数

事前審査

信用情報

収入

担保物件の情報

1週間程度

本審査

書類内容の本格調査

物件の担保評価

健康状態

12週間程度

 

事前審査の対象は、申請者の信用情報と資産情報です。信用情報とは、これまでのローンの支払い状況を指します。過去の返済実績や年収など、基本的な返済能力がチェックされるのです。

 

本審査では提出された書類に基づき、事前審査に誤りがないか入念に確認・調査されます。

特にクセ者なのが、「健康状態」。

 

住宅ローンを組む際には、団体信用生命保険(通称:団信)への加入が必須になります。団信とは住宅ローンの返済中に、契約者にもしものことがあった場合、保険金で住宅ローンの残高がすべて支払われる保険システム。

 

事前審査を通過しても、ローンの支払いに支障を来すであろう健康問題がある場合、本審査で落とされるケースもあるのです。健康状態に不安がある方は、金利が高いデメリットはありますが、ワイド団信(健康条項が緩和された団信)をおすすめします。

住宅ローンの事前審査に必要な書類

住宅ローンの事前審査に必要な書類を、以下にまとめます。

 

書類名

書類例

本人確認書類

免許証やマイナンバーカードなど

収入証明書類

源泉徴収票や確定申告書など

物件確認書類

物件概要書や価格表などの写し

その他

他のローン(マイカーローンや教育ローンなど)の契約内容がわかる書類

 

上記に加えて、各金融機関が発行する「事前審査申込書」も必要です。

住宅ローンの事前審査に落ちた方の共通点

信用情報に問題があったり、収入の面で問題があったりすると、事前審査に通過するのは難しくなるかもしれません。インターネット上の体験談を見ると、住宅ローンの事前審査で落ちた方には、以下のような共通点があるようです。

 

項目

理由や事例

年齢

完済時の年齢が80才を超えている

収入

収入の安定性・継続性が見込みにくい(派遣社員・契約社員・自営業者など)

勤続年数

転職してからの日が浅い(13年未満)

担保価値

建物や土地の担保価値が低い

 

※金融機関は審査の合否について、その理由を説明してくれません。上記はあくまで、推測になります。

住宅ローンの事前審査に申し込む際に気を付けるポイント

住宅ローンの事前審査に申し込む際は、以下のポイントに気を付けるとよいでしょう。

 

注意すべきポイント

理由

複数(3社程度)の金融機関に申し込む

金利などの条件を比較するため

信用情報に問題がないか事前に調べる

事前審査に通過するため(不安がある場合)

嘘を付かない

書類への虚偽記載は一発アウトのため

他のローンはできるだけ減らしておく

住宅ローンの返済の負担を減らすため

登別・室蘭エリアで今すぐ申請可能な住宅ローンの金利比較

20226月現在における、登別・室蘭エリアで利用が可能な住宅ローン(標準タイプ)の金利を、以下にまとめます。

 

銀行名

変動金利(%)

 

固定3(%)

固定5(%)

固定10(%)

固定35(%)

北海道銀行

1.175

0.350

0.510

1.050

1.230

北洋銀行

2.675

0.350

0.510

0.620

1.230

室蘭信用金庫

2.500

0.700

0.950

1.050

1.230

伊達信用金庫

2.625

0.700

0.950

1.050

1.230

 

DAITAKU|登別室蘭エリア戸建アパート売買不動産 お客様の声を聴かせて下さい。

有限会社大拓建設
ページの先頭へ