0143-84-1517

営業時間10:00~17:30

不動産買取とは?メリット・デメリットを理解する!

2023年11月02日

不動産買取とは?メリット・デメリットを理解する!

不動産買取はある意味、話が早い!!
不動産の売却を検討するとき、みなさんそれぞれのご事情や状況があるかと思います。
その中で、自分たちにはどのような売却方法が適切なのか検討する必要があります。
今回は直接に不動産会社が購入をする、不動産買取について説明していきます。
 

登別室蘭エリアにも[仲介のみ][買取のみ][仲介・買取どちらも]それぞれの不動産会社があります。
ご自身にあった不動産会社選びの参考にしましょう!
 

不動産買い取り?仲介?

不動産を売却する際、不動産買取か仲介のどちらかを選ぶことになりますが、それぞれにメリット・デメリットがありますので、状況によりどちらが良いかを選択していってください。
買取も仲介の場合も、どちらでもまずは査定を行い、土地・建物の価格を知る必要があります。
査定に関しては、以前に解説しておりますので、そちらを参照下さい。

不動産買取とは?メリット・デメリットを比較

不動産買取とは、【不動産会社】に買ってもらうという売却方法になります。

メリット
買主を探す必要がないため、短期間で売却が可能。
仲介よりも手続きが簡単。
近所に知られることなく売却が可能。
仲介手数料が不要。
契約不適合責任を追わない。

デメリット
仲介よりも安い価格となる可能性がある!

仲介とは?メリット・デメリットを比較

不動産会社を通して、買主を探してもらい売却する方法となります。

メリット
買取よりも高い価格で売却できる可能性がある。
居住しながら買主を探すことが可能。

デメリット
買主が見つかるまで時間がかかる。
買主希望の方と内見日などの調整が必要になる。
仲介手数料が必要。
契約不適合責任を負う必要がある(場合による)

買取と仲介の違いまとめ

購入者 不動産会社 個人
売却期間 1-2カ月 3か月~
売却価格 市場価格より下がる ほぼ市場価格
販売活動 なし あり
仲介手数料 なし あり
契約不適合責任 なし あり
不動産買取は売却価格が低くなってしまうのですが、時間がかからず売り主の負担が少なくすみます。
仲介になると、売却価格は上がりますがその分仲介手数料がかかり、買主を探すなどの販売活動に時間がかかり、物の瑕疵担保責任を負う事になってしまいます(場合による)

手早く簡単に売るなら「不動産買取」
時間がかかっても高く売りたいなら「仲介」となります。

売却を考えている方はどちらが良いかがわからなければ、まずはご相談いただければと思います
■参考メモ

不動産買取の場合、室内にあるタンスやテーブルなどの比較的処分が大変な残置物も置いていってOKという契約もあります。お客様ひとりひとりの様々なケースに合わせてお話をお伺いしながら内容を決めていけるのも不動産買取のメリットでもありますね。
 
DAITAKU|登別室蘭エリア戸建アパート売買不動産 お客様の声を聴かせて下さい。

有限会社大拓建設
ページの先頭へ